大島の文化・伝承
 伊豆大島の文化を継承し、そして未来に伝えてゆきたい、そんな思いの人 たちと活動しています どんどん項目が増えるといいね  「大島(元町)文化伝承の会」がまとめています
・島のことば を未来に残すブック「島ことば集」
                「大島ガイド資料 伊豆大島の風俗」
                 ただいま頒布中
・伊豆大島の唄と踊りを全国に広めた大島里喜(故人)顕彰と「里喜本社中」 の踊り
・大島生まれです 歌舞伎義太夫竹本葵太夫は柳瀬信吾君
・大島の女性が祝事に被ったてぬぐい「ソーメンシボリ」の謎と復元に挑む

・元町吉谷 神社の神子舞は男の子が神子に扮して舞い踊る
・赤穂義士の遺児 300遠忌・間瀬定八顕彰の活動

        

       大島の文化・伝承 それは大島の宝です

 サイトメニュー

  トップページに戻る

お店の紹介 あんこ人形 彫刻家
木村五郎
大島の資料 大島の絵葉書 画家
中出那智子
大島ゆかりの
アーチスト
大島を描いた
画家・文人たち
大島の文化・
伝承


 大島の文化・伝承メニュー

   島ことば
ガイドブック
 大島里喜の顕彰
里喜本社中の踊り
竹本葵太夫は
大島生まれ
ソーメンシボリの謎に挑む
 吉谷神社まつり  間瀬定八
 赤穂遺児 
 
大島高校仮装行列 * 
 
 元町読書会が昭和62年に冊子にまとめました、それから25年が経ちました、
今風に解説した「島ことば集」ただいま編纂中です 
            
 向かって右が故大島里喜、左が直弟子の大島太郎           歌舞伎義太夫 竹本葵太夫
       
 「 絞りてぬぐい」 縫って絞って染めた木綿生地です
        まぼろしの「ソーメンシボリ」
 生葉染挑戦して3年目です なかなかうまくゆきません 
            
      南北揃って神社へ向かう若い衆   吉谷神社神子舞
                        藤井工房
               所在地 東京都大島町元町2−1−5     
               電話・FAX 04992−2−1628         
               入館無料 休館日は毎週水・木曜日

               もろもろの連絡先アドレスです 照会など何でもここからどうぞ   

                      Copyright (c) 2012 Fujiikoubou