お山の駱駝の話です

 
昭和初期から伊豆大島は観光地として注目を浴びるようになりました 昭和6年当時は三原山内輪砂の砂漠でした。そこに遠くゴビ砂漠からラクダやロバがやってきました。ラクダは定員が5名、三原山登山客の「のんびり遊覧」の手助けとして大活躍、その頃のお話です。
 
時々手持ちの資料をまとめて「資料館の企画展」を行っていますが、今回の

展示は第4回アートアイランズTOKYO国際現代美術展の展示会場のひとつとして

参加しています  

             「大島に来たラクダのはなし」です

 
   大島にラクダが三原に居たって それは大島観光の歴史です

古い絵葉書メニュー
 古い絵葉書トップ   伊豆大島の戦前の絵葉書  あんこ(島の娘)姿 
富士を見るなら 大島へ来たれ三保や龍華寺は規模まだちいさい  
     
    ラクダやロバが三原山に来てから噴火口への道ができたようです、頂上まで白く道が続いています
(昭和8年頃の絵葉書)

参考 

2013年現代美術展に出品した李容旭先生の作品資料と

2014年「お山の駱駝のためにNO2-2014再生プロジェクト」展示資料の一部です PDF


 
          
               

                       藤井工房
               所在地 東京都大島町元町2−1−5     
               電話・FAX 04992−2−1628         
               入館無料 休館日は毎週水・木曜日
 
               もろもろの連絡先アドレスです 照会など何でもここからどうぞ   

                      Copyright (c) 2012 Fujiikoubou