野草 ホトトギス

 何十年も前、山の奥でひっそりと咲くホトトギスを見ました。人知れず毎年こうして花をつけて暮らす山の中の花は薄紫で気品がありました。植物図鑑をみるといろいろな種類があるようです、平凡な葉と花なのでただホトトギスと呼んでいます 山道で時々見かけますが不思議なことに「群生」はしておらず、何株かでポツポツと咲いています。群生しない何か理由があるのでしょうか。こういう一見して子孫繁栄が苦手そうで手を貸してあげたくなる、そんな野草がいとおしくて、どんどん仲間を殖やして群生させたい という思いがつのり増殖に取り組んでいます。種・挿し芽・株分けで増えています。

お店の紹介メニュー
  T O P   喫茶案内   あんこ人形
彫刻体験
 かわいい仲間
金魚
 イズノシマ
ダイモンジソウ
 野草
ホトトギス
 やまぼうし  大島の四季  大島のお土産  あんこ猫
仲間入り
 番外編
海のめぐみ
 大島椿情報 
 
     
  
 27年9月28日更新

 
久しぶり、2年ぶりの更新です。
相変わらずですが、ホトトギスの増殖を続けています。
ドーム型工房の周りでも今が盛りと咲き競っています、地味な花なのでアッピール度はいまいちですが。
半日影が好きな植物です、西日や直射日光を浴びると葉っぱが黄色く変色してしまいます。
少し山に近い自生地ではまだつぼみ程度の開花になっています、半月遅れくらいでしょうか。
みんなで移植した愛宕山のホトトギスを満開になったら次回紹介いたします
     
  こんな風に喫茶テーブルに飾ってます
  
 25年9月27日更新


 自然界の野生植物は適地に暮らすことができればたくましく生きてゆくことができます。
植えっぱなしでほとんど手入れもしていない移植土手ですが、こんなに元気できれいいです。
 
 ずっと疑問だったのは、ほとんど種を付けないということです、自生地と人工の移植地では何かが違いがありそうです。
     
  
 25年10月14日更新 満開宣言です

 今年も愛宕山土手のホトトギスが満開になりました。今年4月に追加した挿し芽のエリアは柵がなく、草取りも充分でなかったので、残念ながら町の除草委託業者の作業で刈られてしまいました。刈られた場所では花はみれませんが根が残っているのでまた来春の作業となります。
     
     
 25年7月2日更新

 茎の長さが1メートルの巨大なホトトギス、庭に植えた3本のうちの一本を切って「挿し芽」を作ってみました、うまく行けば1年目から花が楽しめます。
   
 
 25年6月23日更新
 ホトトギスは環境さえ合えば群生することがわかりました。町でもここの除草には気を遣ってくれて手作業でやってくれるので秋には開花が見られそうです。
     
 
 数少ない自生地付近で「清掃作業が入る」、という情報を得て刈り取られる前に挿し芽の苗を貰ってきました
約10メートルの間にびっしり大きな株が自生しています。この写真の場所は清掃しても保護されるようです、見事な群生です。その前後にもある程度群生しているのでそこから貰ってきました、根は残して。いつも湿っているような場所でした。秋にまた行ってみようと思います、どんな花が咲くでしょうか。右の一枚は木の洞(うろー穴が開いた木)に土を詰めて鉢にしたものに4月7日に挿してみた苗から新芽が出ています、着生です。
  
     
 アップが遅くなりましたが、4月7日の移植活動の様子です  崩れやすい土手なので隙間を開けて挿すだけ
  25年4月20日更新

 
4月7日の野草移植活動に引き続き本日女房殿と二人で「ホトトギスの挿し芽160本」を愛宕山の土手に挿してきました。夕方から雨が降るという予報なのでちょうど良いお湿りになりそうです。
     
 太い育成株から10センチ切り取る  葉っぱ2つ残して切断 移植から3年目の株はがっちりした茎に成長して堅い。  左を下にして地面に挿す 地面に刺さった葉から根が出る、地上に出た葉の付け根から新芽が伸びて成長する
 
11月2日更新

 花が早咲きの株はもう種のさやが出来ています まだ盛りの株も近くにあります みんなそれぞれの個性
     
 10月29日更新

 昔から大島に自生してきた「ホトトギス」、育った環境によって花の斑点も変わっていったものと思われます。 山の中ほど淡い紫色の花が多い、そんな気がします。
         
     
     
 愛宕山の土手のホトトギス 満開  竹で移植エリアを表示 
来年はこの先の土手40メートルを移植地に広げたいですね
 タイワンホトトギス
きれいですが園芸種、強くて群生します 大島の自生種ではない、茶花として入ってきたと思われます
 10月13日更新

 24年今年の夏は長く暑かった でもホトトギスは何とか乗り切って秋を迎え、花をつけています。
野草だから自生地のような環境にしてやらないと枯らしてしまいます 管理すべき人の責任です 
日向で無理に育てずに「愛宕山土手が合っているのでもっと広く自生地にしよう」と思います 
     
 二つの台風の風と潮をまともに受けては発泡箱の株は
葉っぱは枯れてきています 
  木の陰のホトトギスと大文字草の寄せ植えは大丈夫
     
 2年前の4月、株を殖やして愛宕山の土手に移植したホトトギスは日陰と湿り気があって葉っぱも花も
きれいいです、今が見頃です。 子株を入れると700本この土手で育っています 
 
     
         増殖中のホトトギス 採種地により花の斑点が濃かったり薄かったり  私はこれが好き↑
     
 斑点が濃くてべったりだったり↑   山の中にひっそりと咲く花ほど淡い色合いです   花が終わって種のサヤが現れる
     
 サヤが開ききる前に採種し春播く     挿し芽は太い茎を使う   春先二節くらいに切って土に挿す
   
 大島愛宕山土手のホトトギス育成地 約700本の株を移植 元気です  ホトトギスを好物にする
ルリタテハ(アサギマダラの表示は間違いでした 訂正します)
  幼虫(毛虫)が葉っぱを食します

                         藤井工房
              所在地 東京都大島町元町2−1−5     
               電話・FAX 04992−2−1628         
               入館無料 休館日は毎週水・木曜日
    

               もろもろの連絡先アドレスです 照会など何でもここからどうぞ