伊豆大島四季の花々
 大島には流れる川はありませんが、海あり山あり里山あり 変化にとんだ大島の四季の花々・いきものを紹介します、撮影者の好みに大いに片寄ること ご承知置きくださいませ。

     豊かな大島の自然 それは 私たちの宝 です
お店の紹介メニュー
お店の紹介
トップ
 喫茶案内  あんこ人形
彫刻体験
 かわいい
仲間金魚
 イズノシマダイモンジソウ  野草
ホトトギス
 やまぼうし  大島の四季  大島の
お土産
 あんこ猫
仲間入り
 番外編
海のめぐみ
大島椿情報  
 25.8月4日

大島産ではありませんがもう何十年もやっているので3日三晩の梅干しは私にとっては夏到来の色です

去年からは格安の南高梅を手に入れて漬けています ここには全部が写っていませんがおおよそ700粒やっています
   
 
 25.7月14日 真夏にはもう一息、すっきり晴れ上がらない大島ですが、連休で観光のお客さんが増えてきています。元町港から御神火温泉・野田浜の海岸線(サンセットパームライン)に群生しているハマカンゾウです、今年は花か多いようですが、気のせいでしょうか。
暑いさなかに涼しげに咲いています、大島に自生する植物です。
     
 
 25.6月28日 いつもは黒砂がなくなる筆島海岸に今年は砂がある、ということを聞いて見に行ってきました、確かにきれいな砂がいっぱいありました。崖を伝わって落ちる水が海に流れ込んでいました、花も咲いていました。
     
     
 けっこうな勢いで海に流れる水 コンクリの貯水槽は大破使用不能   貯水槽の脇には清水が流れ出て
 
     シマホタルブクロ

 
蛍を捕まえて入れたらしい名前 
ホタルブクロ

スカシユリ満開に 
  
 25.6月16日 どういう訳だか、いつもアーチをくぐりたい、私はそんな性格のようです 3つアーチがあります
     
 資料館工房の入り口スロープの上にはアケビとヘクソカズラのツルのアーチ、下手なアーチですが・・  自宅の入り口には一つ目にアーチがサルトリイバラ(カシャンバ)のツル、緑の葉っぱを右から左に誘引しています  二つめは今が盛りのブーゲンビリア、車庫の屋根まで枝が伸びてきれいです、毎日朝晩花見です
  
 25.6月10日 もう散ってしまいましたが、エゴノキが咲き終わった頃に元町長根浜近くの「仲ノ原園地遊歩道」でも白い花が咲いていました。断定は出来ませんが「モッコク」ではないかと思います。エゴノキの花と違って桜のように花びらが一枚ずつ散ります。来年はもっと注意して見てゆきたいと思う花です。
     
  
 25.6月7日 良い天気が続いています、雨が似合う花ですがガクアジサイ咲き始めました。
     
   25.5月31日

 大島桜・大島つつじ・うつぎ・エゴノキが咲き終わり、これからの季節はあじさいとなります。
 花も良いのですが、野生の実が食べられる植物も魅力的です。

 ちょうど娘が帰省していたので、昔登って採ったことのある木で実を集め、軸を取って砂糖と煮てジャムを作りました。つぶつぶの食感を残してみた、そう言ってました、うまかったです。

もう一品は木いちご、緑の中にオレンジの実を見つけると見逃すわけには行きません、黒い実が段々と色づくと食べ頃です。
   
   
     
 
 25.5月22日  深い霧の中の「三原山つつじ園」です、晴れた日の風景とは違った神秘的・幻想的で良かったです。5月25日・26日と「つつじまつり」です、大島温泉ホテルとツツジ園へ足をお運び下さい。右の写真は自生の「やまぼうし」です、ツツジ園に結構な本数が植わっています、まだ黄緑の花(ほんとうは庖)です、これから白色に)に変わります。全体の姿、葉といい花の色の変化といい好きな樹です。
     
 
 25.5月20日  落下花をジュータンを期待していた椿花ガーデン・リス村の「今年のエゴノキ」は大風が吹かず、ピークを過ぎてしまったようです。 右の写真は2年前のエゴの落下花です、去年は裏年でダメで、今年もすこし、来年は裏年だとすると、今度会えるのは何年後でしょうか、気長に待ちましょう。2年前は写真だけでも圧巻です。
 私はまだ本物に立ち会っていません、残念ながら。
     
 
 25.5月19日  三原山の温泉ホテルのつつじ園で満開の花を愛でる「つつじまつり」が5月18・19・25・26日におこなわれます。つつじのトンネルは見事です。
     
 
25.4月 28日 春の連休がはじまりました、爽やかな風が吹いています。
白い花はセッコクです、柿の枝に着生しています、工房入口の手すりに縛ってあります。
     
 
25.4月 17日 椿花ガーデン・リス村村長さんから 厚葉スミレのパネルをいただきました
伊豆半島が見渡せる芝生の傾斜地一面に咲き誇る「厚葉スミレ」は圧巻です、今年はもう盛りを過ぎました、来年はおじゃまして直に花を見て写真を撮らせてもらおうと思っています。
 
  25.4月 4日

 元町馬の背の田村宅の桜の絨毯です、薄いピンクで上も下も鮮やかに

 
   
  25.3月 29日 椿まつりが終わって、島はすっかりさくらに、それも もう花が散り始めています 
母と女房殿と4月10日に「花見と昼食会」を早くから企画していたのですが、これでは葉桜間違いなしですね、去年は4月8日に「花見」しました。 写真左から おんせんくるみやさん さむかわとなりの田村宅、弘法浜から見た三原山、8合目くらいまで白くなっています。 
     
     
  25.3月 22日  山菜は苦みと歯ごたえがうま味ですね これからミズブキとツワブキが沢山採れます 
   
春の珍味もらいものいただきました
右上 水蕗の葉のつくだに
左上 水蕗の煮物
下はツワブキ(磯蕗)の煮物 
とても旨かったので家の畑へ
行きました
スイセンと水蕗です 
上の光った葉が磯蕗
下の大きな葉が水蕗 

 25.3月 16日  
   
  知り合いから春の香りを分けて貰いました お馴染みのつくしです
毎年山で見ますがまだ食べた
ことはありません
女房殿に湯がいておひたしにして
もらいました
苦みがあり春の珍味でした
タラの芽も出てそうなので自家の
山に見に行ってきます
 25.3月 16日  藤井工房の周りの花々です


ユキヤナギ 
 キヌサヤ(さやも出来てます)  大きなキフジ
 25.3月 8日 
 大島公園の早咲き桜  満開です
春といえば・・私が思う春告げ花は

キフジ( キブシ・マメンブシともいう)
 25.2月 
 
大島公園の早咲き桜です
 

大島のキヌサヤ プランターに蒔くのが遅かったから、まだこんなに
背が低いのに花が咲いています
 




地面にカメが埋めてあるように見えませんか 割れてしまったカメの口を土に埋めて花壇にしています
ここもキヌサヤです

     
  12月
     12月28日に切ったツルウメモドキの種はまだ黄緑のサヤの中です

水を与えないと2日後には実がはぜます 早く鳥に実を食べて貰うように実は鮮やかな色合いです 子孫を残すための知恵でしょう 鳥の大好物です
実を食べ少し飛んで種を落としますと発芽、こうして仲間を殖やします 屋内ではこうして一年楽しめます
 11月
     
まだ薄色のムラサキシキブ  完熟のムラサキシキブ鳥も食べ頃   ツルウメモドキの実です
     
9月に満開だったセンニンソウの種 軽くて柔らかな羽にくっついて遠く
まで飛んで行き子孫を増やします 島中に殖えるはずです  
 黄色が鮮やかなツワブキ 
 10月
     
まだしぶとく夏の花「くさぎ」が咲いています   
 9月 
     
  センニンソウ  夏から秋の花  大島の早咲やぶ椿です9月17日 これから10月が早咲きの見頃です 
 自生していますが、早咲き椿の苗をもう何年も集めて育てている
        椿花ガーデ ン・リス村で咲き出しています。
 8月 
     
         やまゆり(タメトモユリ) 大きな花です               磯で咲くはまゆう
 6月から7月 
     
         あじさい           ガクアジサイには雨がお似合い 
 5月 
     
        セッコク           アツバスミレ          イズサ
     
     ツツジのトンネル  奥に三原山(温泉ホテルツツジ園)  地エビネ(薄緑と茶系が多く自生)

                         藤井工房
               所在地 東京都大島町元町2−1−5     
               電話・FAX 04992−2−1628         
               入館無料 休館日は毎週水・木曜日

                もろもろの連絡先アドレスです 照会など何でもここからどうぞ