大島に自生する「やまぼうし」
 伊豆大島では11月からヤブ椿が咲き、3月に大島桜、5月におおしまつつじそしてアジサイと花が続きます。
おおしまつつじの頃に地味にそっと咲く「やまぼうし(山法師)」を密かに楽しんでいます。残念ながら三原山山麓にぽつぽつ見られるだけで群生はなく、町中ではほとんど見ることが出来ません。何とか身近な場所に、そう思って種から株を育てています。
「やまぼうし」の白い花と見えるのはじつは胞(ほう)、花は胞(ほう)の中心にあります。
 春先の小さな新芽が大島に春を告げます 花は薄緑 白 ピンク色に変化してゆきます 
 採種して播きはじめてそろそろ5年になります、10年先を楽しみにやっています、やまぼうしの魅力と成長記録です。  
           台風と日照りは大敵です
お店の紹介メニュー
お店の紹介
トップ
  喫茶案内  あんこ人形
彫刻体験
 かわいい仲間
金魚
 ズノシマ
ダイモンジソウ
 野草
ホトトギス
 やまぼうし  大島の四季  大島のお土産  あんこ猫
仲間入り
 番外編
海のめぐみ
 
  大島椿情報 
 27.9月27日更新

 種採取に3回行きましたか、4回かもしれません。もう覚えていられません。
ストックされた種の総量が300グラムになっています。
単純に計算して4200粒はあることになりそうです。春まで種を乾燥させないようにして冷蔵庫の野菜室で寝かせます、カビが生えなければ大丈夫でしょう、時々見るようにします
   
ここまでは順調に進んでいますが、さて4200粒の種をどうやって芽を出させて大きくすればよいのか、後先考えずに種採りだけ先行です。
半分芽が出たとしても2000芽を育てることになります。
もう5年近くノウハウを蓄積させてきたのだから、何とかなるでしょう。
2年前の土砂災害の慰霊のメモリアル公園が今から多分3年後に一部開園すると思われるので、大事に育てまずは記念植樹を 大島で育ったヤマボウシだから公園に似合う筈です
 
27.9月13日更新

 これだけ大きくて完熟なら良い種になるでしょう
 これだけの種で何粒あるのでしょう

 50粒実際に数えて、あとは目見当700粒を選び、重さが50グラムあったので、最後に今年の収穫種の粒数を推計します
   
 27.9月5日更新

 熟しています、これなら大きな種が 採れそうです
 オレンジ色の果肉をつぶすと種が 2から4粒入っています
 種だけ取り出す作業はけっこう時 間がかかりますが、
 要領しだい、コツを覚えました
   
 27.8月28日更新

 種の採取地2回目の視察
 2週間で大分色付きましたが、まだ 2割くらいでしょうか
   
 27.8月15日更新

 去年秋の種集めは時期を逸してしまい一粒も採れませんでした。

 元町大金沢沿いや神達地区に空き地があるので、10年かけて苗木を育て被災地に移植したいので、気合を入れなおして取り組みます

   目標は 花咲か爺さん
 
事前に採取地を見てきました
まだ実は緑色のまま、9月中旬にオレンジ色になったらゲット
   丸い粒がみんな種になります
 

26.4月1日更新


昨秋に採った実の皮を洗って冷蔵庫にしまってました。暖かくなってきたのでトロ箱に植えて発芽させようと思います。が、やり方がこれでいいのかちょっと自信ありません。種は300粒以上ありました

種から 3年目になる若木
あまりかまわなかったのでひょろひょろです、約30センチ。
大きくするにはまず肥料と世話ですね。

種から4年目になる若木
今40センチになっています、10年経つとどのくらいになるでしょう。
台風で流された神達の姉の山に植えようと思うようになりました。
今年は気合を入れて種まきをしました。
 
25.9月27日更新

 涼しくなってきたので、やまぼうしの実を山に見に行ってきました。
まだ全体の2割くらいですが熟していました。まだ青くて堅い実が多かったのでこれから10月下旬まで大丈夫そうです。
株を増やすべく、実を取り出して種を蒔いていますがまだ確率が低くて量産体制にはほど遠いです。
   
2 5.7.2更新

穏やかな天候が続いたからでしょう
今年は花も実も大きい
   
 
25.6.23更新

 ことしの花は見事です、台風がこなければ大きく成長する可能性が有りますね、期待しましょう。
     
 三原山温泉ホテルのつつじ園の大きなやまぼうしは今が盛りです 大きな花を咲かせてます 山と麓では約一ヶ月のズレ・温度差が有るようです、ツツジの赤までとは言いませんが、これからピンクに染まります
     
 下界のドームの周りの「やまぼうし」は白の盛りが過ぎてピンクに変化して散ってゆきます 
 
25.4.28更新

 種から育てている「やまぼうし」、3年目に入ってようやく大きいので20センチに、鉢に移しました。実生は全部で20本ほど育っています、種は200粒は蒔いたはずなのに効率悪し、です。
 
 花はまだウスミドリ、これから段々と白に変身です、これからシーズンです。
     
 
24年の夏は長く暑かった 山の奥で自生する「やまぼうし」は山の中なら安全ですが、町の中では風も潮も容赦なく浴びてもう葉が茶色で戻りません、種も熟さず実の数も例年より少ないです、ピンチです 自生地から町に持ってきたのだから 管理すべき人の責任が大ですね 10月13日更新
 
 まともに潮を浴びてしまいました
 
潮から逃れた木ではまだ青い実が
去年は9月に種を採りました 
 
2年目の実生の株もひょろひょうです
 
山の中で人知れず咲くやまぼうし
 
緑の葉に白い花が映えます
 
最初は緑がかった白
 
ピンクの斑点が付いてきて
 
全体がピンクに変色して散る
 
花・ほんとは胞(ほう)が山法師  の頭巾が落ちて頭だけが残った
 
 実が段々と色ずく
 
秋に種を収穫  
果肉の中に種があります
 
3月に種播き 6月でこれくらいです
                        
                       藤井工房
               所在地 東京都大島町元町2−1−5     
               電話・FAX 04992−2−1628         
               入館無料 休館日は毎週水・木曜日

               もろもろの連絡先アドレスです 照会など何でもここからどうぞ