大島ゆかりの画家

 ・島に暮らして40年 島の色を描き続ける 版画家本多保志
 ・多彩な腕前で生み出す 山中昭男
(故人)の陶器と油絵
 ・身近なものを絵手紙に 字体もやさしい 鈴木瑛子の世界
 ・白と黒で描く「伊豆大島」は 永田米太郎の版画
     これまでにこの4人の個展を藤井工房で開催しました
 ・自称「ロシア未来派の父」ダビッド・ブルリューク  
    大島を描いた絵と「紀行記 大島」の翻訳文の紹介 
 
        
大島ゆかりの画家の作品 それは大島の宝です

サイトメニュー

 トップページに戻る

お店の紹介 あんこ人形 彫刻家
木村五郎
大島の資料 大島の絵葉書 画家
中出那智子
大島ゆかりの
アーチスト
大島を描いた
画家・文人たち
大島の
文化・伝承
*


大島ゆかりの画家メニュー

大島を描く
版画家本多保志
山中昭男
多彩な表現者
 
鈴木えい子
 の絵手紙
  永田米太郎  白と黒の大島 ダビッド・ブルリュークの足跡  
     
      本多保志「雲」版画        本多保志「椿」        山中昭男「花びん」
     
    山中昭男「あんこ」油彩   鈴木えい子「あんこさん」 絵手紙      永田米太郎「つばき」
     
    永田米太郎「波浮の港」    ダビッド・ブルリューク            「大島元村」大正9年  ブルリュークの大島滞在記「大島」
   鈴木明翻訳自費出版書
 
                             藤井工房
               所在地 東京都大島町元町2−1−5     
               電話・FAX 04992−2−1628         
               入館無料 休館日は毎週水・木曜日

              もろもろの連絡先アドレスです 照会など何でもここからどうぞ  

                         Copyright (c) 2012 Fujiikoubou